不動産物件を借りるなら見学に行くべき|雰囲気を知る

間取り

瀬戸内海に面した都市

積み木

魅力の多さと需要の高まり

呉市は、瀬戸内海に面した広島の中でも、特に沿岸の魅力を楽しむことができる都市として知られています。気候は一年を通じて温暖で、降雨量や降雪量が少なく、晴れの日や波の穏やかな日が多いのです。そのためマリンレジャーを楽しむことのできるスポットが多く、なおかつ眺めが良いことから観光客が多く訪れています。東洋屈指の軍港として栄えていたという歴史もあり、現在ではその跡地を生かした観光事業がさかんとなっています。もちろん漁業もさかんで、新鮮な海の幸を堪能できる飲食店も多数あります。加えて、広島の中心部への直通路線があり、約30分でアクセスできることから、ベッドタウンとしても注目されています。このように魅力が多いため、呉市の不動産の需要は高まっていますし、多くの人が不動産会社に足を運んでいます。広島への快適な通勤を希望する人や、戦艦や歴史などに関心のある人の多くが、呉市の不動産をマイホーム用に購入しているのです。また、休暇を風光明媚な湾岸で楽しく過ごすために、セカンドハウスとしての不動産を購入する人も多くいます。それでいて呉市の地価は、緩やかに下降していて、現在では平均坪単価は約25万円となっています。これは都心回帰により地方都市の人口が減少していることが原因で、呉市の魅力は保たれていますし、むしろ都市開発により利便性は向上しています。つまり現在の呉市では、条件の良い不動産を、安く購入できるようになっているわけです。そしてこのことが、呉市の不動産市場をさらに活性化させていると言えます。